2019年度 中小企業庁 政策と各補助金について 2/27セミナー

21世紀ビジネスモデル研究会
~「平成30年度二次補正予算案」及び「平成31年度当初予算案」について ~

中小企業・小規模事業者は、「経営者の高齢化」、「人手不足」、「人口減少」という3つの構造変化に
直面しています。これらの構造変化に対応するため、①「事業承継・再編・統合等による新陳代謝の促進」
②「生産性向上・人手不足対策」③「地域の稼ぐ力の強化・インバウンドの拡大」に重点的に取り組む。
また、非常に大きな災害が頻発している状況を踏まえ、④「災害からの復旧・復興、強靱化」にもより
一層取り組んでいく。加えて、消費税率引上げ(2019年10月)や、長時間労働規制(2020年4月)、
同一労働・同一賃金(2021年4月)の中小企業への適用も見据え、⑤「経営の下支え、事業環境の整備」
に引き続き粘り強く取り組む。
①事業承継・再編・統合等による新陳代謝の促進 【30補正 50億円/31当初 74億円(69億円)】
②生産性向上・人手不足対策 【30補正 1,205億円/31当初 369億円(319億円)】
③地域の稼ぐ力の強化・インバウンドの拡大 【31当初 286億円(251億円)】
その他も含め、補助金採択事例や採択に向けての申請書など勝本室長よりご説明いただきます。

第60回 2019年2月27日(水)18:00~20:00( 開場:17:30 )
会場:東京都千代田区大手町1-7-2 産経新聞社 本社 7階 会議室 参加費:無料
講師:中小企業庁 長官官房広報相談室  室長 勝本光久 氏  
    www.chusho.meti.go.jp/