世界が注目する深センのイノベーション 5/24

第53回 21世紀ビジネスモデル研究会

2018年5月24日(木)18:00 開場17:30
会場:東京都千代田区大手町1-7-2 産経新聞社 本社 7階 会議室 参加費 : 無料

”中国のシリコンバレー”と呼ばれる深センをご存知でしょうか? 
深センを一言で言うと、中国南東部にある『ガラパゴス移民都市』であり、30年前までは何もありませんでした。
そんな深センはアメリカを超えるテクノロジーの聖地と化し、ドローンやIoT、AIの製品を次々と世に送り出して
います。 2月にコーディネーターとして視察団を連れ訪問した際のレポートをご披露頂きます。

講師:立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 客員教授 張 輝 氏

【プロフィール】
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科客員教授(前特任教授)、
株式会社技術経営創研代表取締役社長、BMAジャーナル(ビジネスモデル学会誌)編集長、博士。
政策系シンクタンク主席研究員、戦略系コンサル
ティングファーム統括マネジャーを経て現職に。知財経営、技術経営、異文化
経営などをめぐり、調査研究や経営コンサルティング、及び幹部研修実務に横断的に取り組む一方、
総務省、国交省、経産省関連WGや日本ビジネスモデル大賞等の検討委員長や専門委員などを歴任。各種執筆や講演多数。
近著は『実務と研究の壁をどう破るのか』(5月刊行予定)。