21世紀ビジネスモデル研究会  10月29日 開催

第26回 成長戦略事例研究(21世紀ビジネスモデル研究会)のご案内

10月29日(木) 18:00より開催いたします。 参加費:無料

会場:東京都中央区日本橋3丁目4-15 八重洲通ビル 9階(事業パートナーセミナールーム)

『 上場企業の友好的なM&Aで共に成長戦略 』

脱特化全方位型ビジネスモデルとは

講師:株式会社ラ・アトレ 代表取締役 脇田栄一 氏

http://www.lattrait.co.jp

会社概要: 設立:1990年  本社:東京都港区  資本金:3億5,624万

不動産業界を激震させた08年のリーマン・ショック。ラ・アトレも一時、事業不振に見舞われ、09年3月期

に10億円超の最終当期赤字を計上。ピーク時に100億円近くあった売上高は、13年12月期は25億円

へと縮小した。ラ・アトレが再起を図る中で、当時の岡本英社長が12年、次のトップにと白羽の矢を立てた

のが、当時自らの会社で分譲マンションの企画・開発などをしていた脇田栄一氏。

成長戦略として「脱特化全方位型ビジネスモデル」を標榜している。不動産業界においては新築のデベロ

ッパーと中古再生の業者は分かれており、ここ1~2年で新築と中古の両方を手掛けている会社が出てき

たものの、上場企業では少ない。またそれぞれの分野においても、例えば新築ならファミリー/コンパクト

/戸建住宅、中古ならリフォーム(一居住区ごと)/リノベーション(一棟ごと)/コンバージョン(建物用途

転換)というように専門化が進んでいる。ラ・アトレの戦略はこれの逆を行き、全分野の事業を少しずつ手

掛けることで大手とのシェア争いを避け、総合不動産企業として着実に成長を遂げていこうというものであ

る。その代わりに営業エリアを首都圏(東京・千葉・神奈川・埼玉)に絞り込み、営業力の集中と精度の高

い物件情報を得、顧客ニーズを先取りした、時代の半歩先を行く魅力ある商品供給に注力している。